2023年 2月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

最近のコメント

ページ

すとあ102(イチゼロニ)BLOG

埼玉県熊谷市にあるインターネットショップ「すとあ102(イチゼロニ)」店主のブログです。

大御所の次は若手


前回は大御所のU2を紹介したので今回はFRESHな新人のご紹介!

今、UKロック・シーンで最も期待度が高いと言われている、UKランカシャー州プレストン出身、若手3ピース・バンド、
      The KBC!
なんと平均年齢20.6歳という若さ[:びっくり:]
最近の新人さんはみんな若いですね〜。

EP “Boxed Beats And Shelved Rythms”

曲目
Pride Before The Fall
Not Anymore
Poisonous Emblem
Day Of Disillusion
K.B.C.
Trippin
Not Anymore [The Whip Remix]
Poisonous Emblem [Performance Remix]

たった数回のライヴのみで、マンチェスターのインディー・レーベル“High Voltage Sounds”との契約をとりつけ、“グラストンベリー・フェスティバル 05”では未契約バンドステージで、メイン・ステージを食うほどの素晴らしいライヴ・パフォーマンスを披露。また、リリースされた3枚のシングルはどれも速攻ソールド・アウトでここ日本でもプレミアがつく盛り上がりを見せており、大物バンドからのサポート依頼も殺到しているのだとか。

今までにストロークスやデバーチャー、パディントンズなどをサポート。
アークティック・モンキーズを「北部出身の猿」と言い放ち、インターポールは「野心的な髪型なだけ」と眼中になし。

サウンドのほうはというと、70年代のファンク/ソウルの要素に、エレクトロニック・サウンドやグルーヴ感たっぷりのビートとキャッチーなメロディが融合した「エレクトロニック・ダンス・ロック」てな感じです。

僕のお気に入りはシングルの「Not Anymore」です。エレクトリックでPOPでダンサブルで最高!イントロのピピピピッてのがファミコンのゲーム音楽を思い出させますね[:ゲーム:][:テレビ:]

「The Stone Roses」や「The Music」なんかが好きな方は好きなんじゃないかなぁ[:星:]



Leave a Reply